ホーム > 新型コロナに対するメッセージなど

劇団・演劇創造団体などの
新型コロナウイルスへのメッセージなど

2020年4月20日より 鳴門市民劇場まとめ


2020年6月4日 「徳島のステージに灯りをともす会」よりリンク依頼

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を受け、徳島県のエンターテインメントに関わる裏方スタッフの収益減少に対する補助金・協力金を求める活動です。

徳島のステージに灯りをともす会


2020年5月20日 文学座 瀬戸口郁さんより

文学座 瀬戸口郁さんご挨拶1
文学座 瀬戸口郁さんご挨拶2

2020年5月19日 トム・プロジェクト 森康次さんより

トム・プロジェクト森康次さんご挨拶1
トム・プロジェクト森康次さんご挨拶2

2020年5月18日 文学座 【期間限定配信】オンライン文学座劇場『紙風船』

【期間限定配信】オンライン文学座劇場『紙風船』youtube

オンライン文学座劇場
『紙風船』
作 岸田國士
演出 西川信廣・高橋正徳
音楽 上田 亨
映像 大野香織

出演
瀬戸口 郁 × 富沢亜古
亀田佳明 × 松岡依都美
釆澤靖起 × 増岡裕子

文学座の演出家と俳優で作った『紙風船』(作:岸田國士)を期間限定で配信!
上田亨さんの音楽とともにお届けします。
オンラインで撮影しているため見づらい箇所がございますが、それも含めてお楽しみください。
youtubeページより

2020年5月12日 文化座 佐々木愛さんより

文化座佐々木愛さんご挨拶

2020年5月8日 人形劇団プーク 森のなかまの歌(象たちの歌)『オッペルと象』より

人形劇団プーク劇団創立90周年記念公演

『オッペルと象』 より、森のなかまの歌(象たちの歌)


2020年5月8日 青年劇場 製作部 久保田敬博さんと 公演班班長 吉村直さんより

青年劇場の製作部久保田さんご挨拶

 

青年劇場の公演班吉村さんご挨拶

2020年5月7日 劇団民藝 ビデオメッセージ


2020年5月1日 文学座 清水明彦さんより

文学座の清水明彦さんご挨拶

2020年5月1日 文学座 制作 友谷達之さんと 演出 松本祐子さんより

文学座の制作友谷さんご挨拶
文学座の演出松本さんご挨拶

2020年4月27日 東京芸術座 制作 嶋田みどりさんより

四国市民劇場の皆さま
ブロック幹事会の皆さま
「いぐねの庭」運営サークルの皆さま

この度5月の「いぐねの庭」例会に向けて必死に向き合おうとして下さったブロック幹事会の皆さま、楽しみに待っていて下さっていた会員の皆さま、「いぐねの庭」運営サークルとして私たちを迎えるために日々頑張って下さった皆さまに心より感謝申し上げます。

新型コロナウイルスの影響で、色々なことが自粛になり5月に皆さまとお会い出来ないことはとても残念ですが、今は命を守ることが大切だと考え、我慢する時だと思っております。

会員の皆さまが芝居を観られないのなら、と会を辞めていってしまうのが心配です。

私はどんなに苦しい時でも文化、芸術はとても必要だと思っています。

人と人とが自由に会えなくなっている今、みんながメールではなく、顔を見て、声を聞いて話をしたいと思っています。

5月例会だったらお会い出来たのに、後に行ったらお会い出来なかった、ということがなければいいなと思っています。

東京芸術座は今年2月創立61年目に入りました。全国に芝居を観ようとする人たちがいる、必要と思っている人たちがいるお陰で、演劇を創り続けてくることが出来ました。

3・11東日本大震災の時も東北での学校公演が入っていました。6月予定の石巻女子高校には直ぐには連絡が出来ずにいた時、4月学校の方から電話があり、子どもたちに日常を取り戻してあげたい、という先生の想いでした。学校が高台にあったという事もあり体育館で実施しました。

そのことが今でも忘れることが出来ません。

普通なら演劇を観ることを辞めてしまうのに、心に栄養が必要なことを先生たちは感じていてくれたのだと思っています。

どんなことがあっても四国市民劇場の皆さまと必ず出会う、という想いを持って前を向いて進んで行こうと思っています。

色々とご努力下さいました皆さまに心よりお礼申し上げます。

本当にありがとうございました。待っていてくださいね!

東京芸術座   
制作 嶋田みどり

2020年4月27日 前進座 制作 豊田美智恵さんより

会員のみな様、前進座の豊田です。

緊急事態宣言で日本中が混乱しておりますが、みな様、お元気にお過ごしでいらっしゃいますか?

インフルエンザのように時期を過ぎれば落ち着くのかと思っていましたが、未だに先が見えません。

こんな事態になると、誰が想像出来たでしょう。

例会の中止や延期が続いて、みな様も不安な毎日をお過ごしのことと思います。少しでも早い収束を願ってやみません。

ところで、前進座も五月国立劇場公演の中止、6・7月の『ひとごろし 喜劇一幕』の例会が延期になったことにより、私もしばらく自宅待機になりました。

これまでの人生で、こんなに長く在宅するというのは初めてのことです。この機会に、普段出来なかった読書や音楽を聴こうと思いましたが、なかなか集中出来ず、気付くと何もせずにボーッとしています。

そのような時に、鑑賞会の方や劇団、制作仲間からの連絡があると、とっても嬉しく、心なしか身体がシャキッとするのです。改めて、人は人との繋がりがあってこそ生かされるのだと感じた次第です。多分、会員の方々も同じように感じておられるのではないでしょうか。

今日ご連絡したのは、そんな会員のみな様に、気分転換をしていただくためのご案内です。最近は携帯やパソコンをお持ちの方がほとんどだと思いますので、是非、お試し下さい。

まず、GoogleやYahoo!などで〝前進座〟を検索してください。

前進座公式サイト ⇒ 前進座チャンネル

前進座の若手俳優が中心になって作成した動画ですが、普段劇場では見られない俳優たちの姿が見られます。緊急事態宣言の後も、アイデアを盛り込んで楽しいものになっています。梅之助の懐かしい姿もありますよ。

すでにご覧になられてる方もおられるかもしれませんが、少しずつ更新もされております。時間を持て余してしまった時にでも、ちょっと開いてみて下さい。

そして、例会でご一緒出来る日まで、お互い元気に頑張っていきましょう!!


2020年4月27日LIVE
YouTube動画オールスタッフ・社長企画 トークセッション「私の大好きな演劇人仲間 2」~No密なおしゃべり~


【参加者】
劇団テアトルエコー 白川浩司さん(制作)
劇団東演 南保大樹さん(俳優)
劇団青年座 磯村純さん(演出家)

【リモート参加】
工藤英明さん(名古屋演劇鑑賞会事務局長)
民谷陽子さん(北九州市民劇場事務局長)

【司会進行】 
オールスタッフ 𡈽屋友紀子(社長、プロデューサー)

※鳴門市民劇場注:今回は、演劇鑑賞会との関連についての話になっていますので、是非ご覧ください。
時間のない方は、44分位からでもご視聴よろしくお願いいたします。

2020年4月27日 演劇は生きる力です。演劇緊急支援プロジェクト

演劇は生きる力です。演劇緊急支援プロジェクト

発信者:一般社団法人日本演出者協会、一般社団法人日本劇作家協会、公益社団法人日本劇団協議会

宛先:政府

演劇の灯を絶やさないために、演劇の未来のために 緊急支援を!

演劇を愛するすべての人々の賛同署名をお願いいたします。

「要望書」

演劇の灯を絶やさないために、演劇の未来のためにご支援をお願いします


2020年4月26日 加藤健一事務所 加藤健一さんより

加藤健一さんご挨拶1
加藤健一さんご挨拶2

2020年4月20日 前進座 『巣ごもりチャンネル』 誕生

前進座ファンの「巣ごもり」を応援する『巣ごもりチャンネル』が誕生〜。

前進座Web拡散チームのメンバーが、皆様の『観たいっ!』という欲求に精一杯応えていきます!(笑)

『巣ごもりチャンネル』第1回コメントより

E-mailでのお問い合わせは、         鳴門市民劇場ホームページ
nrt-geki@mc.pikara.ne.jp
まで。