ホーム > これからの例会 > 2017年ラインナップ
20151116作成 20160711更新
鳴門市民劇場2017年ラインナップ

♪こんな凄い作品が揃いました。このチャンス観逃さないで♪

1月例会 さくら色オカンの嫁入り
CATプロデュース
3月例会 七人の墓友
劇団俳優座
例会日 2017年1月26日(木) 例会日 2017年3月10日(金)
原作:咲乃月音 脚本:赤澤ムック
演出:西川信廣
作:鈴木聡 演出:佐藤哲也
佐藤アツヒロ 熊谷真実 正司花江 小笠原良知 可知靖之 遠藤 剛
佐藤アツヒロ 熊谷真美 正司花江 小笠原良知 可知靖之 遠藤 剛
みどころ みどころ
■ある日、酔っ払ったオカンが若い男を拾ってきた。
■「オカンな、この人と、結婚しよ思てんねん」いかにも安物の真っ赤なシャツにリーゼント頭の研二を連れて来たオカン。
■見た目とは裏腹に、オカンと娘月子のために心あたたまる料理を作り続ける研二。
■強烈なその男の登場は、二人と隣人・サク婆、愛犬ハチへと波紋を広げ3人と1匹の穏やかな日常を静かに変えていく。
■もし、自分の妻から「あなたと同じ墓には入りたくない」と言われたらどうしますか。また、自分の死を看取ってくれる人が誰もいなかったら。
■「終活」という言葉も生まれる中、他人同士が同じ墓に入る新しい絆が「墓友」です。
■「大人が楽しめる社会派コメディー」で幅広い層から支持されている鈴木聡が書き下ろします。
5月例会  からまる法則 
劇団銅鑼
7月例会 みすてられた島 
青年劇場
例会日 2017年5月18日(木) 例会日 2017年7月9日(日)
作:小関直人 演出:松本祐子(文学座) 作・演出:中津留章仁
千田隼生 佐藤文雄 説田太郎 葛西和雄 藤木久美子 広戸 聡
千田隼生 佐藤文雄 説田太郎 葛西和雄 藤木久美子 広戸 聡
みどころ みどころ
■真理子の元に会うことのなかった父が癌で余命わずかという知らせ、かつて住んでいた家がホームレス支援のNPOに。
■思ってもみなかった父の生き方に弁護士として挫折しそうになっていた真理子は人々とのぶつかり合いの中で次第に自分を取り戻していく。
■この作品はホームレス支援をモチーフに、格差社会・反貧困を背景に、共生・人間再生・家族の再生を描いた物語です。
■みすてられるか、みすてるか、寝耳に水の「ドクリツ」話に島は大騒ぎ
■時は近未来、「本土」から突如切り離され、独立を余儀なくされる島民たち。とりあえず独自憲法作りに着手するが…
■やがて議論は軍隊保持か非戦かと発展していく。「戦争はしないが軍隊は必要」「この島に戦争を吹っかける国なんて」はてさて物語のてん末やいかに…。
9月例会  吾輩はウツである 
劇団朋友
11月例会 ミュージカル「青空の休暇」 
イッツフォーリーズ
例会日 2017年9月20日(水) 例会日 2017年11月8日(水)
原作:長尾 剛 脚本:瀬戸口都
演出:西川信廣
原作:辻 仁成 演出:鵜山 仁 
脚本:中島淳彦
芦田昌太郎 荘田由紀 小島敏彦 駒田 一 宮川 浩 井上一馬
芦田昌太郎 荘田由紀 小島敏彦 駒田 一 宮川 浩 井上一馬
みどころ みどころ
■作家・夏目漱石誕生のドラマ。明治36年、ひと夏の物語。同名小説の舞台化
■小泉八雲が辞任した帝大に後の漱石が講師として赴任する。学生たちの冷たい視線に金之助は不安と苛立ちをかかえ教壇に立つ。
■そんなとき黒猫が夏目家に迷い込む。心が病み始めた金之助は、その黒猫と会話をし始めるが……。
■自分のために飛ぶんだ!理屈じゃない。生きた証として
■50年前真珠湾奇襲作戦の時同じ攻撃機に乗っていた三人は居場所のない75歳の老後生活を送っていた。
■この3人が一度も訪れたことのないハワイに行くことを思いつく。
■偶然彼らが出会ったものは不時着した自分たちの攻撃機と同じ型の飛行機だった。


E-mailでのお問い合わせは        鳴門市民劇場ホームページ
nrt-geki@mc.pikara.ne.jp
まで。