ホーム > これからの例会 >歌舞伎ワークショップと狂言舞踊『棒しばり』

3月例会代替公演

歌舞伎ワークショップと狂言舞踊『棒しばり』

前進座公演

2020年11月7日(土)鳴門市民劇場例会


「狂言舞踊 棒しばり」舞台写真
「狂言舞踊 棒しばり」舞台写真

狂言舞踊 棒しばり

かいせつ

『棒しばり』は、岡本柿紅が同名の能狂言をもとに、六代目尾上菊五郎と七代目坂東三津五郎にあてはめて書き下ろした舞踊劇。初演は大正五年。

舞踊の名手二人の手を縛って躍らせるという皮肉な趣向にねらいがある。

前進座では、昭和三十年、坂東三津之丞師の指導で、橘小三郎(のちの藤川武左衛門)・中村公三郎・坂東秀弥らで初演しました。

あらすじ

所用のため屋敷を留守にする大名は、召使いの太郎冠者と次郎冠者が底ぬけの酒好きなので、大事な酒蔵が心配でならない。

そこで一策を案じた大名は、まず次郎冠者の両手を棒にくくりつけ、ついで太郎冠者を後手に縛りあげたうえで出かけていく。だが二人は、意地でも酒を飲んでやろうと酒蔵へやってきて、さて……。

前進座Webページより


キャスト

歌舞伎ワークショップ

松涛喜八郎 早瀬栄之丞 藤井偉策 忠村臣弥 玉浦有之祐 松浦海之介 嵐市太郎
松涛喜八郎 早瀬栄之丞 藤井偉策 忠村臣弥 玉浦有之祐 松浦海之介 嵐市太郎

狂言舞踊 棒しばり

松涛喜八郎 忠村臣弥 玉浦有之祐 松浦海之介 嵐市太郎
松涛喜八郎 忠村臣弥 玉浦有之祐 松浦海之介 嵐市太郎
大名 次郎冠者 太郎冠者 着付後見 着付後見

上演予定

 鳴門市文化会館

 2020年11月7日(土) 夜6:30~

 上演時間 約1時間45分(休憩15分含む)

  ※約250台の無料駐車場あり

 あわぎんホール

 なし

  

 (徳島市民劇場)


E-mailでのお問い合わせは、         鳴門市民劇場ホームページ
nrt-geki@mc.pikara.ne.jp
まで。